デートでの赤っ恥

私がまだ24歳の時、元々毛深くもなく肌も白く素敵だといわれていたので、そこそこ女としての自信もありました。

なので必要ない毛について悩んだ事などありませんでした。

そのような中、付き合っていた彼とドライブデートで大好きな彼だったので、アダルトメイクや髪型、コーデで見事決めて出かけました。

天気も良くドライブ日和で、楽しくて幸せな時間でした。

まだ、付き合ったばかりでラブラブで新鮮でした。

途中芝桜で著名なスポットがあり、行こうとなり車を降りて歩いていると、彼が不自然に私のことを見て来ました。

私は舞い上がってしまいきっと、可愛いから私の事をみているんだろうなぁと、彼に微笑みかけたところ、彼がこういったんです。

「あのさ、ヒゲ生えてるよ。」と。

一瞬時が止まったようでした。

バッサリというので、私も恥ずかしさに耐えきれず「わかってるよ。」と咄嗟に返しました。

天気が良すぎて鼻の下の産毛が充分に見えたんだと考えますが、死にたくなりました。

その後、彼はそのような事くらいで冷めてしまうタイプではなかったようで、お付き合いは長く続いたのですが彼の目線を勘違いして、更に顔の毛を放置していた自身が恥ずかしくてたまりませんでした。

速攻、脱毛サロンに通い顔の脱毛を開始しました。

健康的な女性

私の脱毛方法はこれだ

デリケートな女性
私は学生の頃から、ボディー全部の必要ない毛などが人よりも濃かったです。

少女としては腹積もりられないような、毛のボリュームと濃度で、男の子よりも剛毛と思われるほどでした。

小学生や中学生の頃は脱毛手段なんておおかた知らなかったので、ナンバーワンオーソドックスなカミソリで剃るという手法で必要ない毛を剃っていました。

カミソリで処理するのは、慣れていないと肌を傷つけてしまったり、何度も繰り返しているうちに毛がどんどんと濃くなっていったり、カミソリ負けするようになったりと、あとあと気の毒なステータスになる事が多かったです。

高校に入った頃から、仲間などにクリームを塗布しての処理手法や、脱毛テープでの処理の仕方を教えてもらって実践していました。

その中でも、除毛クリームを使っての脱毛テクニックがお薦め私には合っていました。

手順はいたって質素で、お風呂場で体を濡らす前にクリームを毛が隠れるまでペインティング、15分ほどしたら、専門のヘラなどでそぎ落とすという手法です。

これは一度すると影響が1週間ほど続いて、肌もツルツルしっとりするのでかなり気分がいいです。

脱毛テープなども試してはみたのですが、質素で痛くなく、肌にも優しい除毛クリームが私にはありがたいです。

本当はサロンなどで永久脱毛するのが最高だとは思うのですが、何かとお金がかかってしまうので、しばらくはこのメソッドで必要ない毛の処理を続けていきたいと考えます。

甘酒美容法

甘酒は米麹を発酵させて製造している昔から馴染みのある飲み物で、わりと現代人にとって飲むチャンスは減少しているように考えます。

けれども、近頃、この甘酒の成果がすごい!と再検討しれてきています。

甘酒が飲む点滴と言われている所以は病院で受ける点滴とほぼ同じような成分が入っているからです。

だいたいブドウ糖やビタミンやアミノ酸など、人間に必須な栄養素が豊富に内蔵されています。

それに、甘酒は女子にとって良い事ばかりなのです。

米麹に内蔵されている麹酸はお肌のメラニンに働きかけてくれるため、シミができずらくなり、美白作用があります。

その上麹酸は強い紫外線ダメージを受けた頭皮にも効き目があり、美髪までも育ててくれます。

甘酒に入っているビタミン類はお肌を保湿力を高め、くすみが気になっている方にも良いです。

このところ多少食べ過ぎてしまったなぁ、と思った時や、わずか減食してダイエットやりたい時も、朝に甘酒だけ飲むだけでも満腹感がありお昼までの間、腹持ちが良いとされています。

それに甘酒だけでも必須な栄養素が取れるので、体重が不安になり開始出来た方にも良いです。

あとは、疲れ気味の時や、病のあとや出産後回復の時にも影響的です。

甘酒のブドウ糖が体力を強力に回復させてくれます。

疲れたり、健康状態が悪いと肌の調子まで悪くなり化粧ノリも良くなくなります。

甘酒で体力も美肌も美髪も取り戻せるなんて、甘酒は飲む点滴であり、飲む美容液です。

美を追求する女性

個人経営の脱毛サロンはどうなの?

脱毛について考える
脱毛サロンをチョイスする場合には、ちょくちょく予約が優先されます。

それが取りやすいか否かの問題があるからです。

そもそもショップでは、100%の確率で予約が取れるとは断言できません。

特に大きなショップなどは、若干手を焼く事もあるのです。

帰するところ評判がある店舗の事例は、適度に予約数も押し寄せする性質がありますから、ある程度取りづらい一面は否めません。

どんだけ良い施術を行ってくれるショップでも、予約が取りづらいようでは、少々困るでしょう。

ところで脱毛サロンにも、諸々なスケールがあります。

上述はある程度大きめの店舗の話ですが、一概に大きなサロンだけとは限定しないのです。

中には個人が経営している店舗もあります。

個人サロンの事例、料金などは高めになるとは多々あるです。

ですがそれと引換えに、予約がわりと取りやすい性質があるのです。

結局余り認知度が高くないので、それだけ予約数は少なくなる性質があります。

ですから着実に施術を受けたいと思うなら、多少個人のショップに着目すると良いでしょう。

それと個人サロンは、バックアップなどはわりと慎重な性質があります。

当然店舗によっても異なるのですが、個人で経営している都合上、かえって一流企業の店舗よりは満喫したバックアップを受けられる時があります。

帰するところ施術のクオリティーだけでなく、店舗によるアフターケアシステムなども軽視できないでしょう。

できるだけ丹念に応対して望む方々にとっても、個人サロンはイチ押しと言えます。